その他の明け渡し問題

家賃滞納・賃貸トラブルの解決

弁護士が解決 ご相談の方法はこちら

  • 家賃滞納
  • 明け渡し実現までの流れ
  • その他明け渡し
  • 借地問題

  • 家賃滞納・賃貸トラブルの解決トップページ
  • メリット
  • アクションプラン
  • よくあるご質問
  • 弁護士費用
  • ご相談方法
  • 顧問契約
  • 弁護士紹介
  • 事務所案内
  • ご相談予約

弁護士 堤 健太郎
弁護士 堤 健太郎

トップページ > その他の明け渡し問題

その他の明け渡し問題

 家賃滞納だけでなく、賃貸契約期間の満了や使用方法の問題性(契約内容の違反)を理由として明け渡し(立ち退き)を求めたいという場合もあるかと思います。
 しかし、借主を保護する観点から、賃貸契約期間が満了したから、あるいは、契約条項に違反しているとの一点だけで直ちに契約を解除し、明け渡し(立ち退き)を求めることはできません。
 明け渡し(立ち退き)を求めるためには、

  1. 賃貸契約を更新しないとの意思を、機を逃さず示すこと
    (期間の定めのない契約であれば、期間満了6ヵ月前までに請求を行う。期間の定めのある契約であれば、満了1年前から6ヵ月前までに行い、かつ、期間満了後も借主が使用を継続した場合には遅滞なく異議を述べる)。
  2. 「正当な理由」があること

 が必要です。
 自分が所有している以上、契約期間が満了すれば、当然明け渡してもらえるというものでないことに注意が必要です。
 「正当な理由」は、貸主と借主がそれぞれ建物をどの程度必要なのかということを基本としつつ、その他諸般の事情(賃貸に関するこれまでの経過、建物の利用状況、建物の現況、提供を申し出た明け渡し料の金額)を総合的に考慮して判断されます。
 したがって、本件で「正当な理由」この2に該当するかどうか、あるいは、明け渡し料としていくら支払えばよいのかという判断はケースバイケースとなります。

 また、契約違反による賃貸契約解除とこれに基づく明け渡し請求については、その違反が、当事者間の信頼関係を壊すような程度のものであるかによって判断されますが、その判断はケースバイケースです。

 従いまして、これらの問題は、専門家の判断を要するところですので、早めのご相談をお勧めします。

ご相談の方法

 ご相談の方法は簡単です。専用フォームに必要事項を書き込んでいただくか、電話、FAX、e-mailにてご連絡下さい。

弁護士が解決 ご相談の方法はこちら

 賃貸トラブルのご相談は事務所での面談で行わせていただき、電話による法律相談は致しておりません。
 賃貸トラブルの初回相談も有料としますが、その代わり、引き続き訴訟や督促等をご依頼になった場合には、その費用から受け取った相談料分の金額を差し引かせていただきます。(実質無料)


Copyright © Tsutsumi-lawoffice. All Right Reserved.
家賃滞納・賃貸トラブルの解決 運営:堤法律事務所 弁護士:堤 健太郎
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-16-13 日進ビル4階(東京メトロ銀座線末広町駅3出口より徒歩30秒) TEL.03-5289-9130